ページ

2012年6月3日日曜日

5月25日の仙台で開催されたNPO担い手会議に参加してきました。

25日の夕方、仙台の東北厚生局の会議室に、4回目の医療・福祉関係の復興の担い手会議が開催されて出席をしました。
当日は、宮城県を中心にNPOや福祉団体、県庁や市役所の関係者22団体30名の方が参加しました。
各団体の近況報告に次いで、PCAT(日本プライマリケア学会)の林健太郎医師からの震災の初動から今までの活動報告と今後の課題に対するプレゼンテーションが行われました。
 PCATの林医師のプレゼンテーションは、初動から継続して被災地に広く医療支援を行なっています。
延べ519人の医師、看護師、救命士、保健師、栄養士など様々な専門職の方を日本中の医療機関に支援依頼をして協力を参加されています。
人のコーディネート力と共に、移動に必要な車両、道具、医療材料だけではなくて、宿泊所の手配、現場の情報収集、医療支援をする場所の確保など様々な超人的な活動をしてきました。
何よりそれを実現する上での資金の確保をどう行なうかななど、単なるヒューマニズムの感情論でできるものではなく、林医師の経験、知識、判断力、人脈、行動力そして多くの極力者の存在があって出来たことでしょうが、言葉で言うほど簡単ではありません。
それを可能にしたか、プレゼンテーションで語る言葉の向こうに様々なドラマが見えるような気がしました。
林医師とスタッフ、PCATの活動によりどれだけ多くの命が救われ、それが未だに現在進行形である事は、関東では幾分風化しつつある東日本大震災の現実をリアルに見せつけてくれた気がします。
TVやラジオのメディアから、震災の報道が少しづつ少なくなってきています。
NPOや震災支援に関わる私も知らない事が林医師から語られます。

多くの人々にこの事実を知ってもらう、共有し共感してもらう事が大切であり、まだまだ続く支援活動を継続する上での心のエンジンを止めてはならないと感じました。
PCATの初動の予算の多くがジャパン・ソサエティの義援金や寄付で支えられてました。
支援を継続するための資金確保が目前の課題となっていますが、政府や行政の補助金、助成金だけでは現場のニーズが満たせず、海外からの支援団体や民間の寄付などどうファンドレイジングするかがPCATに限らずどこのNPOでも共通の課題です。そのファンドレイジングを支援をするためにも 復興に担い手の彼らの活動をもっと広く知ってもらう必要性を感じました。

0 件のコメント:

コメントを投稿